換気扇交換は働いている従業員の要望も叶えることが大事!

お客様もスタッフもハッピーになれる換気扇交換その2

宿泊施設を運営する経営者は、利益の追求や宿泊客の満足度だけじゃなく、従業員が働きやすい環境を整えることも重要な仕事です。換気扇を交換する場合も、従業員の意見を参考にして、経費のかからない換気扇を選びましょう。

換気扇に求めるベネフィット【従業員編】

経営を考えるとやはり省エネタイプだと助かる(50代/男性/宿泊施設オーナー)

換気扇などの設備を交換する際は、経費を削減するために省エネタイプを選ぶようにしています。毎日使用するものですし、全客室に取り付ける必要があるので、年間では電気代が高額になります。省エネタイプに交換することで、経費削減が可能になり、浮いた費用を宿泊客に還元することもできると思います。省エネタイプの換気扇は、お客様満足度向上に役に立つかもしれない。

やっぱりおそうじのしやすさは重要(40代/女性/スタッフ)

ベットメイキングや客室の掃除は毎日行ないますが、換気扇の清掃は毎日していません。大掛かりな掃除を定期的にしているのですが、従業員は少ないために換気扇の清掃が大きな負担となっています。全ての部品と取り外して、頑固な汚れを落とすのは時間がかかり苦労します。少しでも換気扇の清掃が楽になると嬉しいです。

従業員の希望にこたえる換気扇はコレ

省エネするならDCモータータイプ
換気扇の性能はそのままに、消費電力を半分以下にしたDCモータータイプが、宿泊施設に最適でしょう。換気扇を常に使用しても、電気代を節約することが可能になります。DCモータータイプの換気扇に交換するためには、通常の換気扇よりも予算がかかります。しかし、2年以上使用することで購入価格差を償却することができます。宿泊施設の経営者は、長期間の運営を視野に入れて、省エネのDCモータータイプの換気扇に交換しましょう。
楽にお掃除するならフィルター付きルーバータイプ
換気扇は高い場所に取り付けてありますので、掃除のために取り外すことも大変な作業でした。身長の低い従業員や女性従業員のために、フィルター付きルーバータイプの換気扇に交換することをオススメします。このタイプは、フィルターを取り外さなくても、掃除機で簡単に換気扇を綺麗にすることができます。さらに、換気扇内部も汚れがつくにくい仕様になっていますし、換気扇の掃除をする際は丸洗いすることができるので、換気扇掃除が楽になるでしょう。

TOPボタン